最新の更新記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2018年7月21日 SBISL オーダーメイドローンファンド 遅延金額は13億円



 先日お知らせに記載されていた「SBISL不動産バイヤーズローンファンド」の遅延金額は\1,334,400,000円となりました。遅延は16号から22号まで計7案件です。貸付先が同じなのかはわかりませんが、少なくとも2社以上あると思われます。

 不動産担保があるため、あり程度の元本は還ってくると思われますが、たとえ元本が全額償還されても利回りは大きく下回ることになる。なにより、遅延が発生している状況では貸付金額は運用できていないのと同じ状態です。

 SBISLは過去に個人向けの貸付がデフォルトをおこしたため、個人向けの貸付は非常にリスクが高く、現在企業向けの案件しかありません(カンボジアのファンドはこじんむけかもしれませんが・・・)。そこで、過去に起こしたデフォルトを確認してみると未だに遅延状態で運用が続いている案件があることがわかり非常に驚きました。
スポンサーサイト

[ 2018/07/21 01:31 ] ソーシャルレンディング | TB(-) | CM(0)

2018年7月16日 マネオの運用状況



 グリーンインフラレンディングで融資先が説明以外に資金を流用したため、業務改善命令を受けたマネオですが、ラッキーバンクと違い募集停止にはなりませんでした。2017年の3月に申し込んだ案件も何事もなく毎月400円程度の配当金をいただいています。投資は20万円ほどしましたが、早期償還時があったため現在約10万円になります。これも償還されたら全額出金予定です。

 順調なですが、少し懸念事項があります。マネオは他のソーシャルレンディング業者と異なり、融資先にアルファベットを当ているため、どこにどれだけ融資しているかを調べることができます。申し込んだ案件を確認するとC社とAN社でしたが、マネオはこの2社の案件が非常に多くあります。
[ 2018/07/16 20:35 ] ソーシャルレンディング | TB(-) | CM(0)

SBISLで遅延発生&元本償還に伴う手数料



 今現在もっとも投資額が多いSBISLで遅延が発生しました。案件は不動産バイヤーズローンファンド16号から22号の計7案件です。
運よくこの案件には投資していなかったため、被害はありません。おそらく借り手は同じため一度に大量の遅延発生に繋がったのだと思います。

 このファンド以外にも投資先が同じ案件が結構あるかもしれません。今年度中に投資先が開示されるようになるはずなので、それまで投資は控えた方が良いかもしれません。ちなみにお知らせに記載されてませんが、実は他にも遅延が発生している案件としてカンボジア技能実習支援ローンファンドがあります。
[ 2018/07/11 22:22 ] ソーシャルレンディング | TB(-) | CM(0)
プロフィール

トマト313

Author:トマト313
月1万円の不労所得を目指して
株、Fx、ソーシャルレンディングなど少額投資を行っています。



相互リンク大募集中
コメントいただければリンクに追加いたします。
現在の投資状況 2017年12月
maneo
10万円
SBISL
90万円

160万円
ウェルスナビ
49万円


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。